シリコンバッグの破損トラブルについて

トラブルを避けるために10年目にはシリコンバッグの交換を!

トラブルを避けるために10年目にはシリコンバッグの交換を! | 良質であっても異物!シリコンバックトラブル回避のためにメンテナンスを!

シリコンバッグはヒアルロン酸や脂肪と違い、人工物を胸の中に入れることで大きさを出す豊胸方法です。
異物を入れる以上、施術後の痛みが強くダウンタイムが長くなってしまいますし、胸の動きや感触が不自然だったりといったデメリットはあるものの、バッグの破損によるトラブルはあまり起こることがありません。
昔と違い、現在はコヒーブシリコンという安全性の高いシリコンが主流ですし、何重もの膜で覆われていて破れにくくなっているのです。
乳癌健診でマンモグラフィーはやめておいた方がよいですが、日常の動作をしている限りは破損の危険性は少なくなってきているのです。
年々、耐久性の高まっている豊胸バッグですが、半永久的とは言えません。
ある程度の年数が経つと老朽化による破損や変形はあるのです。
だいたい10年から15年ほど経つと寿命となると考えて、その頃には入れ替えを行なうようにしましょう。
10年も経つと体型も変わってくるのでずっと同じ胸の形なのは不自然です。
その意味でも入れ替えを行なうのにちょうどいいタイミングとなるのです。
中身はシリコンが主流ですが生理食塩水が入っている場合もあります。
シリコンは30年・生理食塩水は10年から15年くらいが寿命ですが、安全性を考えると10年目の入れ替えのタイミングで中身も入れ替えた方がおすすめできます。

シリコンバッグ挿入で起こったトラブル

1年ぐらい前に豊胸手術を行いました。 胸を大きくする方法も最近はいろいろありますが、私が選んだのは昔からポピュラーなシリコンバッグを選びました。
施術の回数はなるべく少なく、また一気に胸が大きくなるのが魅力的だと思ったのです。
ちなみに施術を受けたのは、地元でも有名な美容外科クリニックなのですが、決め手はその費用の安さです。
他のクリニックに比べると2割ぐらい安く、そのためか施術を受けている患者さんの数も多かったです。
実績があるクリニックなら信頼出来ると思い、まずはカウンセリングを受けに行ったのですが、ドクターも親しみやすい雰囲気で安心感が持てました。
少し軽い感じもしましたが、早く胸を大きくしたいという思いが強く、他のクリニックと比較検討する事はなく、すぐに手術の予約も入れました。
当日は麻酔を効かせて手術をしてもらったので、手術中の痛みは特にありませんでした。
ただ術後、麻酔が切れた後はどんどん痛みが強くなり、痛み止めを飲まないと過ごせないような状態でした。
手術してから3日目には熱まで出てきて、体に負担を与えるような大きな手術だったんだなと痛感させられました。
さらに豊胸手術を受ければすぐに柔らかい大きな胸を手に入れられると思っていたのですが、2か月ぐらいは胸が硬い状態が続きました。
自然な感じが無いので、このタイミングで誰かに触られたら手術を受けた事がバレるなと感じたものです。
3か月ぐらい経つと、ようやくシリコンバッグが体に馴染んだのか、胸も柔らかくなってきたのですが、本当のトラブルはここからでした。
「胸が大きくて嬉しいな」と鏡で自分の姿を確認していた時、胸に不自然な波が出来ていたのです。
太ったか痩せたのか、一時的なものと思い込もうとしましたが、しばらく時間が経っても胸の形は変わる事はありませんでした。
明らかにおかしいので、もう一度手術をしてもらったクリニックを受診すると、ドクターは「そんなに不自然には見えないけど。大丈夫だよ。」と言われたのです。
さらに神経質だねと信じられないような言葉もかけられ、かなりショックを受けました。
もうこのクリニックでは施術を受けたくないと感じつつ、胸をこのままの状態で放置しておく訳にはいきません。
当時は彼氏もいなかったですが、彼氏に見られた時に絶対に豊胸手術を受けた事がわかります。
さらにこんな変な形だと残念に思うだろうなと思うと、居ても経ってもいられなくなりました。
そこで豊胸手術の修正も行っているという美容クリニックに行き、相談してみる事にしました。
こちらはは若い女性のドクターでしたが、丁寧に診察していただき、症状について詳しく説明してもらいました。
胸が波打ったように見えるのは、リップリングという症状のようで、元々痩せ型の人がシリコンバッグを挿入すると、スペースが十分に確保できないのでリップリングの原因を作ってしまうとの事でした。
確かに私は細身の体型です。2カップはアップさせたいと言うと、「大丈夫だよ」と言われましたが、手術では強引にねじ込まれたのかもしれません。
幸いだったのは、まだ症状が軽度であった事です。
酷い場合はシリコンバッグの入れ替えや抜去が必要だそうですが、私のケースは脂肪注入で改善出来ると言ってもらいました。
その2週間後に脂肪注入によって修正してもらったのですが、やはり手術後は少し痛みが続きました。
また腫れていたので、どんな仕上がり具合になったのか、早く確認したい気持ちが大きかったです。
ようやく腫れが引き、鏡で確認してみると、もう波打っていた状態は綺麗に改善され、どこからどう見ても、丸くて綺麗な胸になっていました。
余計な費用がかかりましたが、ようやく理想通りの胸を手にいれる事が出来て良かったです。
また今後は費用よりもドクターの技術が優れているクリニックを選ぼうと思いました。

シリコンバッグ トラブル 破損 | 豊胸手術で失敗しない為に